羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

目黒川のお花見

そろそろ桜のシーズンなので、どんな様子か目黒川まで行ってきました。今年は武漢ウィルスのために行楽地は閑散としているかと思いきや、昨年の最盛期の4分の1くらいの人出で調度良いくらいでした。この季節だけに出る、ちょっと洒落たファストフード店はチャンと出ていて、楽しかったです。桜の花は、中目黒からすぐの処の木のひと枝だけが一分咲きでした。その様子が下の写真です。

これが川沿いの全部の桜であれば、行く価値はあります。ただし、残念ながら、その他の木はこの程度で、枝にひっそりと咲く花びらは2分咲き程度です。今週末には調度良いのではないかと思います。

太陽が出ていれば、武漢ウィルスは一瞬で破壊されるので、3月末の休日を楽しまれたらいかがですか。ただし、行き帰りの交通機関の中が心配です。私は歩いて30分の距離なので、運動不足を補うために往復を歩きました。

もう一つ、目黒川の代官山に近い側の左岸にはアパレルショップが沢山有り、この時期に売り出しをしています。私は、これまでに露店の吊るし売りでシャツを数10枚買ってきました。売られるのは売れ残りですから、それなりに失敗を覚悟して購入します。Mサイズなのに小さ過ぎ、とか袖が長すぎる、とか、自己責任です。

いつもの店は、今年はまだお店を開いていませんでした。露店を開いていた場所にはモダンなお店が建っていたので、今年からは露店での販売はしないのかもしれません。ユニクロの値段が安くて品ぞろえがそこそこ有るのと違って、アパレルショップの品は売れ残りとは言うものの、基のデザインがしっかりしているので、好みが合えば長く使えます。

衣類について最近は、ユニクロは品ぞろえが多いのですが、無印良品が同じ値段で造りがしっかりしていて、使っていて気持ちが良いです。理系的な思考では無印を選びます。

Copyright © 2015-2019 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.