羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

正義中毒は認知の偏り

 このブログは、東洋経済オンライン2020年4月27日の記事を基にしています。あおり運転、モンスターペアレント、この時期のパチンコ店への抗議、政治家や芸能人に対する長期間の中傷、などは本人にとっては正義を行っているつもりの行為です。これらの常人からすれば少し異常な行為を何故行うようになったのか、その原因と本人が自分で快復できないかを考えてみましょう。

 人の脳は、元々が社会のルールから外れた人を見つけ、攻撃することに快感を覚えるようにできています。社会の悪に対して正義の制裁を加えると、快楽物質であるドーパミンが放出されるのです。苦しいトレーニングをすることで得る満足感も、脳内麻薬とも呼ばれるドーパミンの放出です。苦しいトレーニングを楽しみとして続けられるのと同じに、正義の制裁の快楽からは簡単には抜け出せなくなってしまいます。その結果、攻撃対象を常に探し求め、ますます攻撃性が強くなり、快楽を持続させるために攻撃を続けます。
 この正義の制裁の快感におぼれ、繰り返すことは中毒状態と呼べます。この様な人物を、東洋経済オンラインは「正義中毒」と呼ぼう、と呼び掛けています。この中毒にかかった人は、自動車の運転中に気に障る行為をした運転者を無理矢理停めて、暴力を加えます。同じ中毒でも、アルコール、麻薬、ギャンブル、などに手を出すのも中毒ですが、これは正義を行なうわけではありません。依存症と言う点では同じなのでしょう。
 正義中毒は、怒りの発見から始まります。次に、それを攻撃することで快感を得て、最後に繰り返す様になります。2つ目の攻撃を行う気になるか否か、が依存症になる入口です。依存状態になると、抜け出すのは困難でありエスカレートして社会のルールに反する行為に走る危険が有ります。
 お気づきになった方もいらっしゃるでしょうが、ドーパミンは良いことをしても放出されます。ビルゲイツの数千億円の寄付を筆頭にして、老人が街歩きでお困りなら助ける、交差点を渡る時に信号を守る、などもそうかもしれません。こちらの場合は、だれも傷付けませんし、褒められることです。

 話を元に戻して、正義中毒者は、まず悪の題材を探し出し、それを許せないことだ、と感情的に即決してから、それが悪だと(少しだけ)論理を構築してから、攻撃を開始しているのではないでしょうか。つまり、悪であることを冷静にかつ論理的に判断したと思っても、快感を得たいという感情が先だっているのかもしれません。
 怒りの多くは外部からの情報の中から発見されます。TVや新聞などのメディアや知り合いから、あるいは前を走っている車の動きから発見をします。この外部情報が事実ではなくて、受け手の怒りと行動を創ることが目的のものが有り、注意を要します。特定の人物や政治家、あるいは話題などについて、事実の中にほんの少しだけ繰り返しネガティブな見解が付けられていれば、注意しましょう。知らぬ間に怒りを呼び起こされ、それを許せなくなるという、正義中毒を刷り込まれてしまいます。一度刷り込まれると反対意見を聞く耳を持てなくなり、中和して元に戻すのは大変です。メディアやネットにある政治的な内容では、右でも左でも同じことです。

 対策は、より深く広い視点から認識を行うメタ認知を活性化することです。メタ認知とは前頭前野の重要な機能で、認識と評価を行う高次の脳機能です。メタ認知は自分自身をも客観的に認識と評価をおこうので、正常なメタ認知を持てば、怒りを覚えてもその怒りを許すことができます。
 許しとは、人はそれぞれの価値観で判断して行動しているのであり、他人の価値観や判断に対して反対するのは相手を認めることで構いませんが、許さないことは自分の価値観を押し付けることであり全体主義と同じことです。この考え方は教育によって作られる後天的なものだと言うことも大切です。
 前頭前野は脳の高次機能をになう場所で、この様な教育を通して創り上げた個性や価値観などの、その人をその人として際立たせるメタ認知の活動場所です。正義中毒者はこのメタ認知が偏っているのでしょう。
 怒りを許しに換えることを薦めるのは教育だけではなく、宗教にも有り、仏教とキリスト教では大切な教理です。しかし、教理の中で許しに言及しないのが儒教、復讐を許すのがイスラム教、と宗教によって許しについての教理が違い、宗教によってメタ認知の内容はちがうようです。

 次回は高齢者のメタ認知の偏りと認知症について考えてみましょう。

Copyright © 2015-2019 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.