羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

温暖化が炭酸ガスによるとした、IPCCの間違い

 地球の温暖化で、特に北半球の温度上昇が大きく、異常気象が頻発しています。この原因を探し出して、対策をするにあたって、世界の政治と産業は間違えた方向に向かっています。この方向をミスリードしている組織がIPCCです。
 温暖化の原因が炭酸ガスだ、としたIPCCとはどんな組織でしょう。気象庁のホームページによると、「(IPCC: Intergovernmental Panel on Climate Change 気候変動に関する政府間パネル)は、世界気象機関(WMO)及び国連環境計画(UNEP)により1988年に設立された政府間組織で、2021年8月現在、195の国と地域が参加しています。
 IPCCの目的は、各国政府の気候変動に関する政策に科学的な基礎を与えることです。世界中の科学者の協力の下、出版された文献(科学誌に掲載された論文等)に基づいて定期的に報告書を作成し、気候変動に関する最新の科学的知見の評価を提供しています」。とのことです。


 言葉通りに受け取ると、IPCCは、各国政府に影響力を与えるために創られた、政治性の強い組織です。政治家達へ、気候変動に付いてアンチョコを与えること。アンチョコは今も昔も答えが書いてあるだけで、詳しい解き方は書いて有りません。写真のIPCC25総会で作られた報告書もその程度です。
 IPCCの作る報告は、たった一つのことです。現在の気温を表している、放射強制力Radiative forcingと言う数値です。各国政府はこの数値に恐れ入って、我が国は炭酸ガスの放出をこの値まで減らします、と宣言をします。
 放射強制力とはどんなものか、「放射強制力」:中島映至, 東京大学気候システム研究センター,日本気象学会 天気 2009年12月 pp29-31を参考にします。放射強制力をΔFとして、平衡地上温度をΔTeq 両方の関係を調整する係数λは、ガスによって異なり、
ΔTeq=λΔFとなります。
 この式は、温度=放射強制力と同意であり、放射強制力は、1750年の時点に比べて、あるガスの現在までの温度変化への寄与力は、〇〇W/m2、という意味です。ここで大事なことは、放射強制力の計算にはガスの分圧、比熱、赤外線の放射吸収特性、熱容量などの気温決定に要する諸科学データが使われていませんでした。これはこの値には科学的根拠が無いことを意味します。Wikipediaで「放射強制力」を検索してください。IPCCが温暖化ガス毎に式を作っていますが、全てガス分圧から温度を求めるフィッティングです。逆にガス圧から温度を出すのでは無く、ここにも問題が有ります。
 科学として、現在を説明するのも大事ですが、“政策に対する科学的な基礎をあたえる”と言うIPCCの謳い文句からすれば、今後何をすれば気候問題を解決できるか、を科学的に説明していないので、役に立ちません。
つまり、気候学者たちは放射強制力を使って、炭酸ガスが増えると(減らすと)どれだけ温度が上がるの(下がるのか)か、教えてくれません。それにもかかわらず、“温暖化の主犯の炭酸ガスを減らせ”、“ノーカーボンだ”と騒いでおり、科学者ではなく意図を持った政治的集団です。
 温暖化の真犯人が別にいるにもかかわらず、IPCCの行為がこんなでは温暖化が理解できないので、次回はもっと科学的に根拠のある計算をします。その結果、IPCCはとんでもない方向へ世界を誘導していたことを説明します。

Copyright © 2015-2021 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.