羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

温暖化ガスが水蒸気なので中国は全EV化が進まない

 これから重要なのは無駄によって生じる熱を無くすことが、温暖化の進行を減らすことが大切です。無駄をなくす、とはエネルギー効率の高い産業構造にすることです。

 これまで、最もCO2による温暖化を政治と経済に利用してきたのは中国です。世界の覇権を握るためには、温暖化とその原因がCO2であることは、福音でした。中国の脱CO2への考え方は、
(1)温暖化は日米欧にとって政治的な圧力だが、中国には圧力にならない。
(2)CO2規制は、日米欧には経済的な発展を阻害するが、中国はCO2規制を無視して経済発展ができる。
(3)EV化とエンジンを使えなくすれば日欧が困る。
(4)脱CO2で中国製の太陽電池が世界中に売れる。
 この覇権シナリオに沿って、まず2035年までに中国国内で販売する自動車は全て電気自動車EVとする、としましたが数日で撤回して、当初は50%のHVとPHVを認める、としました。発電所がEVを充電するには能力不足だったからです。

 全自動車のEV化は、何年経っても日欧に追いつけないエンジン技術の開発を諦めて、国内で走る自動車は中国企業でも作れるEVに制限する、と言う目論みでしょう。もしCO2が温暖化の主因であったなら、中国の巨大な購買力をバックにした効果的な戦略だったのですが、EVの核心技術が自動運転の様な派手で底の浅い技術ではありませんでした。
 8月21日、28日と書きましたが、燃えない電池を作る電池を作り、使うのは、化学と物理と工学との全ての学問と、それ以外を含む広範な基礎科学研究を基にした、生産技術の蓄積が必要でした。これに気づいていたとしても、経験者と言う人的資源も必要です。要するにノーベル賞受賞者を育てられる、平和で安定した社会でなければ、電池の産業化は簡単にはできないと思います。
 この条件を満たせなかった結果、中国製のリチウムイオン電池は爆発し、韓国企業が中国で生産した電池も目覚まし時計の様に、時が来ると燃えます。一方、燃えない日本の電池は高価で買えず、次世代の全固体電池の特許の半分近くは、トヨタグループに取られています。
 この他にも、トヨタは水素を使って発電する燃料電池車、水素を直接燃やす水素燃料エンジン、バイオガソリンエンジン車、など全方位で柔軟な脱炭素技術を育てています。ドイツでは技術の劣るVWグループを除いて、BMWはエンジンを使い続け、メルセデスベンツはホンダと共に高度なHV技術をF1で育てました。米国は中国市場無しで生きて行けます。
 中国だけが硬直化してエネルギー効率が思ったよりも悪い、EV化に向かおうとしています。脱CO2と言う錦の御旗は無くなり、EV化は輸入制限の貿易障壁として、制裁の根拠となります。
いずれにせよ、日米欧は中国のEV産業をいじくりまわして、中国を技術的なガラパゴスにできます。それでも、共産党国家は変わり身が早いので、また別の手段を考えるでしょう。いや、HVとPHVを認めたことから、すでにEVとPHVは止めて、効率が良くて使い易いHVに向かうつもりかもしれません。その方が国家的には良いのですから。言い出しっぺの習近平さんはどうなるのでしょう。

Copyright © 2015-2021 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.