羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

尹錫悦は異質の大統領。就任演説に注目しています

 3世代にわたる反日教育で韓国の国民は頑迷ですが、尹錫悦新大統領の就任演説を日本人は襟を正して聞くべきと思います。おいおい、今までとは逆じゃないかとおっしゃるかもしれますが、李聡哲TVを一度ご覧になってください。文在寅前大統領とは真逆の方向です。
ttps://www.youtube.com/watch?v=L2xiYWpzg-E 
李聡哲先生は、新大統領の演説で「自由」を最重要と評価されました。さらに、演説では「科学性」の重視も触れており、これも大切なことです。自由と科学性は近代社会の目的と方法であり、大事です。
 2020年5月21日にエーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」をブログで取り上げましたが、新大統領も権威主義とファシズムの危険を防ぐために、「自由」の大切さを言いたいのではと思います。自由という言葉は大変に重く、期待をしています。
 科学性を重視することは、福島原発の処理水が韓国へ行く、という非科学的で無教養な前大統領と韓国国民の意見との決別です。これにも期待します。
 その他に、北朝鮮は核を捨てることがまず先で、国同士の助け合いはその次、という明確な方向性にも共感します。

 岸田さん、お隣に凄い方が表れました。何もしなければ国内の票を稼げる、という政策では、コロナとウクライナ戦争からの立ち直りに邁進する西欧諸外国、そして韓国に立ち遅れてしまい、日本をどんどん劣化させます。
 しっかりしてください。参院選までこの状態では、せっかく立憲民主党と共産党が憲法問題による信用失墜で票を失い、自民党に来るはずだった議席は、維新と国民民主党に持って行かれるでしょう。保守は安泰だが、議席を伸ばせない自民党は政局となります。
 話を元に戻して、新大統領が、文在寅がマイナスにしてしまった日韓関係をプラスにすることを期待しましょう。しかし、大統領夫妻も韓国国民も反日教育を生まれる前から、空気の様に吸って育っています。韓国の3世代にわたる反日教育が、5年間の任期中のいつか、どこかに出てくるかもしれません。沖縄移転で騒ぎを起こしたハトポッポを式に招待した底の浅さからは、反日が透けて見えて用日の化けの皮が剥がれるかもしれません。そうなったら、日本はもう一度韓国拒否になります。
 今のところは、経済も政治も低迷する韓国です。ここで途切れてしまえば、成功しようがしまいが、日本にとってはどうでも良いこと。韓国とはこんなもんだと、再確認するのかもしれません。

Copyright © 2015-2021 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.