羽根邦夫Blog

”工学博士、電磁波対策製品WAVESAFE発明者のブログ”

F1メルセデス、ポーパシング対策失敗中

 メルセデスF1がポーパシング対策として新しいフロア(車体底面の平らな板で、地面との間で吸引力、つまりダウンフォースを生み出す)を作りましたが、失敗したようです。https://www.as-web.jp/f1/829318?all
 年間で数百億円の予算を使う事業ですから、二人のドライバーの話が嘘か真か分かりませんが、月曜日に結果を視ればわかるでしょう。記事によれば、二人の車は違う対策方法でテスト中のことです。対策が煮詰まっていれば、別の方法を試すなんてことはしませんから、うまくいっていないのでしょう。

 エース・ドライバーのR.ハミルトンは縁石に触れるたびに車が飛んで行ってしまう、跳ね続ける車のコントロールで最悪だ、とのことです。相変わらずポーパシングが治まっていないようです。
 F1カナダグランプリの決勝は今日(19日)にモントリオールで行われます。どうやらコース条件から行って表彰台は難しいのでは。

Copyright © 2015-2021 Hane, Inc. & Beacon Associates, Inc.